So-net無料ブログ作成
検索選択

プロファイルの読み込み中から進まない場合 [メモ]

Winows10を使用している環境でのお話です。

Outlookデータファイル(.pstと.ost)が格納されている場所は隠しフォルダです。

よって、表示で「隠しファイル」を表示できるようにしたうえで、

Cドライブ内\ユーザー\(アカウント名)\AppData\Local\Microsoft\Outlook

にあります。

場所とファイル名を確認したら、office supportが示す下記の手順でファイルの修復を

行なえば、正常に戻る場合があります。今回の作業で参照した個所のみ抜粋します。尚、

説明の全文は「こちら」を参照ください。

.pst ファイルの修復

  1. Outlook を終了し、<ドライブ>:\Program Files を参照するか、同じドライブ上に Program Files (x86) フォルダーがある場合はそれを参照します。たとえば、C:\Program Files または C:\Program Files (x86)。

  2. [検索] ボックスに Scanpst.exe と入力します。

Scanpst.exe が見つからない場合は、手順 2 で前述した代替のフォルダー Program Files または Program Files (x86) を検索してみます。

  1. Scanpst.exe をダブルクリックします。

  2. [スキャンするファイル名] ボックスに、ツールによってチェックする .pst ファイルの名前を入力するか、[参照] をクリックしてこのファイルを選びます。

  3. 既定では、新しいログ ファイルがスキャン時に作成されます。 または、[オプション] をクリックして、ログを作成しないように選択したり、結果が既存のログ ファイルに追加されるように選択したりすることもできます。

  4. [スタート] をクリックします。

スキャンによりエラーが検出された場合は、それらを修正するために修復プロセスを開始するように求められます。

以上です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。